Sponsored Link


Mac OS X 全般

MP3 以外の音源を iTunes で MP3 に変換して取得する方法



iTunesだけでOKです



itunes1.jpg

まず、iTunesのシステム環境設定を開きます。

システム環境設定 > 詳細 > 読み込み(タブ)

ここの、読み込み方法を「MP3 エンコーダ」に変更します。

mp3_1.png

「MP3 エンコーダ」になっていれば、それでOK。

下の「OK」ボタンを押して閉じるます。

MP3に変換したい曲を選んで選択(シングルクリック)。

詳細 > 選択項目をMP3に変換

encorder-mp3.png

変換した曲のすぐ下に同じ曲名が出てきて、時間のところに「未完了」と出ているうちはまだ変換中です。
もっとも、最近の Mac の処理速度なら、すぐに終わります。

loading.png

終わった後にはチャイムが鳴って知らせてくれます。

変換したMP3ファイルを取得、移動するには、iTunesから表示させるのが簡単です。

変換した曲を選択して、右クリック。

そこに「Finderで表示」という項目があるので選ぶと、変換したMP3ファイルの入ったフォルダが開いて表示されます。

itunes_finder.png

ちなみにその場所は、わりと面倒くさいところにあります。

ユーザ/ユーザ名/ミュージック/iTunes/iTunes Music

の下にミュージシャンごとのフォルダがあり、その中にあります。
曲が分類されていないものは、

不明なアーティスト > 不明なアルバム

unknown.png

にあります。

wav_mp3.png

その中にこのように並んでいます。
この場合は、wavファイルをmp3にしたものですが、wavで55.7MBなのに対して、mp3で6.7MB。 10倍近く違います。