Mac OS X TIPS

Sponsored Link


icon.png

ハードディスクをフォーマットするには


Windows にしろ、Mac OS X にしろ、 コンピュータに OS をインストールする際には、その OS に合うようにハードディスクをフォーマットしないと、インストールはできないのが普通です。

この「フォーマットの方法」について書いて起きます。

ちなみに Mac OS X には「 フォーマットする 」という文字での選択項目はありません。

ディスクの消去  → パーティションの設定 というのがフォーマットにあたります。 一般的に販売されているハードディスクや外付けの場合は、Mac OS X 用のフォーマットがされていないのが普通ですので、Mac OS X をインストールできるようにハードディスクをフォーマットする必要があります。

フォーマットしないでインストールしようとしても、そもそもインストール自体、できないはずです。


Sponsored link


ディスクの消去


インストールするディスクではないハードディスクやインストール DVD から起動します。

この「他のハードディスクから起動する」ことに関しては、

Mac OS X で外部ドライブから起動する

という記事や

Mac OS X Lion で外部起動ディスクを作成する

という記事をご参照下さい。
やや面倒に感じる概念ですが、ある程度は憶えておいていもいいことです。

システム環境設定>起動ディスク で、起動ディスクを選んで再起動。


ディスクの消去

・アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティを起動。

・左のカラムに接続されているディスクが表示される。

・フォーマットしたいハードディスクを選び、「消去」タブをクリック。

・ボリュームフォーマットに「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選び、消去。

これでフォーマットされます。

ns-f1.png


パーティションを作成する


パーティションとは、ハードディスクを分割して、複数のハードディスクと同じような扱いで使うことができることです。

たとえば、それぞれに OS をインストールして、ディスクのチェック用などに使ったり、あるいは、バックアップに使ったりするためなどにあってもいいものかとも思われます。 パーティションをわけるためには、「パーティション」タブをクリックして、ボリューム方式から分けたい個数と、それぞれの容量を選びます。



重要


フォーマットの際、「オプション」を押して自分のしようとしているタイプを選ぶ必要があります。

ns-f3.png

これをしないと、ハードディスクをインストール先として認識してくれない可能性があります。

一般的には、Intel Macの起動ディスクとして使うと思われますので「GUID パーティションテーブル」を選べばよろしいです。




Sponsored link

↑ PAGE TOP