MacビギナーとWindowsからのスイッチャーの方のためのmacOSの使い方

Macにスイッチしました

macOS TIPS

カセットなどの音源をアナログ経由で Mac に入力する方法

投稿日:




昔のアナログ音源を Mac で聞いたり CD に記録するために

ずいぶんと昔に、カセットに録音した曲やアナログレコードの音源を今でも保存されている方はたくさんいらっしゃるかと思います。それらの音源を、しかし、ラジカセやウォークマンなどの昔の機器から Mac へと入力する方法をご紹介します。

GarageBand を使ってアナログ音源をMacに取り込む方法を説明したいと思います。

準備するもの

・ミニジャック入力のついているMac
・ヘッドフォン端子のついている再生装置(カセットデッキ、ウォークマンなど)
・ミニジャックのステレオオーディオケーブル

※ ミニジャック入力がついていないMacではUSBのオーディオデバイスなどが必要です。これは、外部からのサウンド入力をUSB経由で取り込めるようにするアダプタで、Mac に対応しているものなら何でも大丈夫です。たとえば、Amazon では以下のような製品があります。

UGREEN USB オーディオ 変換アダプタ




手順

1 システム環境設定 > サウンド > 入力 から「ライン入力」を選択。

2 GrageBand を起動 (新規のファイルを作成します)

3 コントロール > メトロノーム のメトロノームのチェックを外す

4 トラック > 新規トラック を選択してトラックを追加

5 リアル音源 にチェック

6 再生装置とMacをケーブルでつなぐ

→ 再生装置のヘッドフォン差し込み口とMacのインプット(  このマークの入力口)をステレオオーディオケーブルでつなぐ。

7 再生装置で音を再生

8 右下の この「i」ボタンを押すと、別ウインドウが出てくるので、そこの「モニタ」を「入」にする。

→ でないと、録音しながらリアルタイムで聞くことができないので。

 

9 録音レベルを調整する。

→ 自分で録音したカセットの場合は録音レベルがモノによってマチマチの場合も多いので、レベルメーターを見ながら録音レベルを調整する。通常は、メーターが赤に触れない程度に最高に調整する。

10 GrageBand 画面中央あたりにある録音ボタンを押す。
(赤い丸のボタン)

録音が始まると波形が出る。

11 録音が終わったら、もう一度、録音ボタンを押して録音を止め、 共有 > 曲をディスクに書き出し を選択してディスクに曲を書き出す。

→  iTunes に曲を送信 を選択すると、iTunesに送られ、そのまま iTunes で聞くことが出来る。

iTunesに送信すれば、iTunesからCDに焼くこともできます。










-macOS, TIPS
-, , , ,

Copyright© Macにスイッチしました , 2022 All Rights Reserved.