Sponsored Link


Mac OS X で外部ドライブから起動する


別ドライブから起動するということ


「修復などの場合には別起動ディスクからシステムを起動する」というような記述に出会うことがあるかもしれません。

このことは少し説明しておいた方がいいような気がしますので、書いておきます。

コンピュータを使い始めた最初のうちはこの「起動ディスク」という概念はわかりにくいものです。私もパソコンを初めて使った頃、これと同じような概念を言われて、何のことだかわからなかった記憶があります。




記憶はすべて記憶媒体の中に


Mac(あるいは他のパソコン)には書類や画像や音楽など様々なファイル等が収められていますが、これらが収められる場所はすべて「記憶媒体(ここではドライブと書いておきます)」の中ということになっています。

普通に Mac を使っている場合はそれらは「ハードディスク」の中に記憶されています。他にも CD や DVD 、また外部に接続して使う外付けハードディスクや、USB メモリや SD カードといったものもドライブとなります。

Macを単体で使っているのなら OS X のシステムそのものは Mac の中のハードディスクにあります。

「Macが起動するのは、ハードディスクに Mac OS X のシステムが入っているから」で、機器に合う正常なシステムが入っていないと Mac (も他のあらゆるパソコンも)は起動できません。

たとえば、システム環境設定 > 起動ディスクを開くと、起動できるドライブ(デバイス)一覧が表示されます。

下のスクリーンショットは「Mac OS X と Wineods XP 」のどちらからも起動できるようになっている状態です。 これは共に本体に中にあります。

drive-2.png

その Mac に起動できる他のドライブがある場合は下のように表示されます。

ns-boot-usbhd2.png

他に起動できる媒体がない場合は下のように Mac 本体のハードディスクのみ表示されます。

ns-boot.png

Macに接続しているすべてのドライブを表示したい場合はアプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティを起動させると、左カラムに表示されます。

drive-3.png

こんな感じになり、起動できるドライブの他に、2つのデバイス(ハードディスク)が接続されていることがわかります。

これらを起動ディスクにするには起動できる Mac OS X をそのドライブにインストールすることが必要で、そうすれば、これらのドライブからも起動させることができるのです。



ひとつのドライブにはひとつのシステム


この「システム」が入っているドライブには、基本的にひとつのシステムしか入れることができないという条件があります。つまり、違うバージョンの Mac OS X を同じドライブにインストールすることはできないということです。


つまり、本体の他に起動ディスクがほしい場合は、「複数の Mac OS X がインストールされたドライブがあれば、複数の起動システムを持つことができる」ということにもなり、そうすることにより外部から起動することができます。



[本体以外に記憶媒体を作ればMac本体以外から起動させられる]

記憶媒体=ドライブを増やせば、複数の起動システムを持つことができて、もし本体のシステムがおかしくなり起動しない場合などでも、別のドライブから起動できるということになるということです

これらに関しての具体的な方法は、

Mac OS X での強力バックアップツール - カーボンコピークローナー

Mac OS X でのディスクのフォーマットとパーティションの作成

などをご参照下さい。

Sponsored Link