OS X TIPS

Sponsored Link

圧縮と解凍 〜 Mac と Windows 間での正しいファイルのやりとり(文字化けを防ぐ方法)


Mac 同士のファイルのやりとりの場合


圧縮と解凍という概念は、何となく難しそうにきこえますが、これは単純に覚えておけばいいことでして、

圧縮とは、
インターネットの回線の中ではあまり重い書類をやりとりするのは不便なので、出来るだけ軽くして相手に送ってあげること。

ことが目的で、また、インターネット上でのひとつのマナーでもあります。

そして、解凍とは、

軽くした書類を元に戻すこと。

です。

Mac 同士の場合なら、問題はほとんどありません。

圧縮したいファイルを選択して、右クリックしますと、下のようなポップアップメニューが表示されますので、「・・・を圧縮」を選びます。

asshuku-02.gif

これで、「〇〇.zip」、あるいは、「.zip」という文字がなくても、下のアイコンのファイルができますので、それが圧縮ファイルです。

today-zip.gif

Mac 同士でファイルのやりとりをするのなら、これだけでOKです。

また、解凍するには、Lion 以降の OS X でしたら、ほとんどの圧縮ファイルはダブルクリックするだけでOKです。

Sponsored link



Windows とのファイルのやりとりの場合


Mac から Windows に圧縮ファイルを送る場合、上の方法だけでは、文字化け(文字の表示が正常ではなく読めない状態のこと)が発生することがあります。

それを回避するためには、MacZip4Win というフリーソフトを使います。
その方法を記しておきたい思います。

1. サイトからダウンロード

サイトは、

MacZip4Win

です。

2. 解凍して MacZip4Win.app をアプリケーションフォルダに入れる

c-inst1.gif

頻繁に使う場合には、アプリケーションフォルダから Dock にドロップしておくと便利だと思います。

c-inst2.gif

これで、インストールは完了です。

3. Dock の MacZip4Win に Windows へ圧縮して送るファイルをドラッグ

たとえば、下のような書類を圧縮して Windows に送ってみます。 MacZip4Win のアイコンに書類やフォルダをドラッグするだけです。

c-use01.gif

Windows 上で見てみますと、下のようになります。

普通に ZIP 圧縮して Windows に送信して解凍したファイル

m1.png

MacZip4Win で圧縮して Windows に送信して解凍したファイル

m2.png

このように、MacZip4Win で圧縮しますと、 Windows で解凍した場合に文字化けが起こりません。


Sponsored link

↑ PAGE TOP