Sponsored Link

Mac OS X でのタブー


さわってはいけないフォルダやファイル


MacOSXは見た目にはフォルダ内のファイル保護機能がない。たとえば、 WindowsXPの場合、デフォルトだとフォルダの内容を非表示にしてシステム系のディレクトリには行けないようになっている。 単純なことだが、これはこれで悪いことだとは思わない。 私を含めた多くの初心者がシステム系のフォルダをいじって、システムにダメージを与えてしまうことのないようにされた配慮だとは思う。


▲WindowsXPのシステムフォルダはデフォルトではこのようになっている。

ところが、MacOSXにはそういう機能はない。
起動ディスクの第1階層のフォルダを開くと、いきなり「システム」というシステムフォルダが現れる。
簡単にここを開けて中をいじれるというのはちょっとこわい気もする。

基本的にはこういうところはふだん使うわけでも開く必要も有るわけでもないので、気にしなくていい場所だが、
AppleのサイトのTILを見ると、削除してはいけないフォルダとして、


  • mach_kernel(不可視フォルダ)
  • アプリケーション(可視フォルダ)
  • automount(不可視フォルダ)
  • ライブラリ(可視フォルダ)
  • システム(可視フォルダ)
  • ユーザ(可視フォルダ)

が挙げられている。
もし何かのきっかけでこういうところをさわるようなことがある時には注意する。

[「不可視フォルダ」とあるのは基本的には見えないファイルなので、特に気にする必要はない。

ライブラリ、システム、ユーザはそれぞれ、
第1階層(起動ディスク。普通はデスクトップの先端にあるフォルダ)にある。
下の写真の赤い部分だ。
ここはさわらない方がいいし、さわる理由もないので存在していることを忘れてOKだ。



補足
ファイルを不可視にする
ファイル、フォルダの名前の前に「.(ドット)」を付けると不可視になる。のことがあるので、例えば、cgiなどに使われる「.htacces」などのように、冒頭に「.」がついた書類は視認できなくなるので注意。





Sponsored Link