Mac OS X TIPS

Sponsored Link

OSX のプレビューで GIF 画像やファビコン用画像に変換する方法


mac-gif-top.gif

プレビューだけで、一般的なほぼすべての画像形式に変換できます


Lion から、通常の操作ではプレビューで「 GIF 画像」への変換ができなくなりました。 GIF は大変に軽い画像としてインターネット上で重宝していただけに、なかなかショックなことだったのですが、実は機能としては残されています。

OS X 10.9 Maveicks 以降のすべての OS X にこの機能は残されていますので、記しておきたいと思います。

GIF は、256色での色の分解となりますので、写真などの表示のフォーマットには向きませんが、グラフやイラストには最高です。現在は高速のインターネット回線が主流とはいえ、今でもできるだけ画像は軽くしてネット上で使うということはいろいろな意味で大事なことだと思います。

たとえば、今回、実際に PNG ( Mac のスクリーンショットで使われる形式)を GIF に変換した時の画像のサイズの差ですが、下のようになりました。

com-png-gif-01.gif

もちろん、画像で使用されている色によってこの差は様々ですが、JPEG と違うのは、画像の輪郭がシャープに変換されることです。JPEG は、ややぼけた感じになります。

ちなみに、せっかくだと思いましたので、このページの画像は今回すべて GIF 形式にしてアップしています(苦笑)。

その GIF への変換方法は非常に簡単ですので、ご説明させていただきます。

Sponsored link


Mac のプレビューで GIF 画像に変換する方法



1. 変換したい画像を開いて「ファイル > 書き出す…」を選択

mac-gif-1.gif

下の保存画面となり、この「フォーマット」から画像形式のフォーマットを選ぶのですが、普通に選ぶと下のような表示となり、 GIF の選択肢は表示されません。

mac-gif-2-2.gif


2. キーボードの option キーを押しながら「フォーマット」を選ぶ

Mac や外部のキーボードにより多少、位置の差はありますが、キーボードには option というキーがあります。

key-sc.gif

その option キーを押したまま「フォーマット」を選びます。

mac-gif-3.gif

すると、下のように、選択項目が一気に増えるのです。

mac-gif-7.gif

その一番上に「 GIF 」という項目があります。
ここを選べば、GIF に変換されます。

他にも多くの項目がありますが、特筆すべきは「 ICNS 」という形式で、これはウェブサイトの「ファビコン」というものに使う画像形式です。

ファビコンとは、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージのことで、 ブラウザの URL やブックマークの先頭に表示されるものです。

たとえば、私のサイトでの下のアップルマークがファビコンです。

favicons.gif

こういうものも Mac のデフォルトで作ることができます。
ちなみに、プレビューは Mavericks 以降、さらに「万能により近い画像ソフト」へと進化していますので、それらの機能を別の機会にご紹介したいと思います。




Sponsored link

↑ PAGE TOP