Mac OS X TIPS

Sponsored Link

テキストエディットから「パスワードつき PDF 」を作成する方法


icons.png

セキュリティが以前より求められる時代の文書の共有のために


最近では、インターネット上にファイルを保存したり、あるいは他の人たちとファイルのやりとりをする機会も多くなりましたが、文章ファイルの場合、内容によっては、そのままネット上で保存したり、共有することには危険である内容のものもあると思われます。

たとえば、個人情報が載っているものや、ID 、パスワード関係の記載、または銀行やカードなどの関係の書類などです。

そのようなものが記載されている文書を保存する場合は、ネット上ではなく、自分の Mac の中に保存する場合でも「パスワード設定」をしておいたほうが、多少なりとも安全であると思います。

文書にパスワードをかける方法として最も簡単なもののひとつが、 PDF というファイル形式にして、そこにパスワードをかける方法です。

これは Mac OS X のテキストエディットから簡単に作成できます。

その方法をご紹介させていただきます。

Sponsored link


テキストエディットからパスワードつき書類を作成する



1. 保存したい文書をテキストエディットに記す

(重要) PDF にする場合、テキストエディットは、「リッチテキスト」のモードにしてください。 標準テキストで使っている場合、「フォーマット > リッチテキストにする」を選びます。

1-pass.png

ここが「標準テキストにする」となっている場合は、リッチテキストのモードとなっていますので、そのままでOKです。

2-pass.png

リッチテキストの場合、画像も入れることができます。画面上にドラッグするだけで、配置されます。

今回は下の文書をバスワードつきの PDF 書類とすることにします。

3-pass.jpg


2. PDF 書類として書き出す

テキストエディットの「ファイル > PDF として書き出す…」を選択します。

5-pass.png

ファイル名を入れます。

6-pass.jpg

これで、PDF ファイルが作成されます。
指定した保存先に PDF ファイルが出現します。

7-pass.png


3. 作成した PDF にパスワードの設定をする

作成された PDF 書類をプレビューで開きます。
特に指定していなければ、ダブルクリックすればプレビューで開きます。
他に PDF を開くアプリケーションを指定している場合などは、 PDF 書類を右クリックして、「このアプリケーションで開く」から、プレビューを選びます。

下のように開きます。

8-pass.png

PDF をプレビューで開いた状態で、「ファイル > 書き出す … 」を選択します。

10-pass.png

そこで書き出しウインドウが表示されます。

パスワードつき PDF の書き出しファイルを入れます。そして、下のほうに「暗号化」と書かれてある場所がありますので、そこにチェックを入れます。

すると、パスワードを入れる空欄が有効となりますので、「パスワード」と「確認」の欄に同じパスワードを入れて「保存」。

11-pass.png

パスワードを設定すると、 PDF 書類のアイコンが下のように変わります。

12-pass.png

この書類を開くと、下のようにパスワードを求められますので、実際にパスワードを入れて「 return キー」を押し書類を開いてみて、パスワード設定されているかどうかを確かめて下さい。

pass-pdf-file-01.jpg

パスワードを入れて書類が開けば作業は完了です。


Sponsored link

↑ PAGE TOP