Mac OS X TIPS

Sponsored Link

OS X : ブラウザ上では「コピーやダウンロードのできない文字や画像」を Mac で保存する


Safari でほぼすべての文章や画像を Mac に保存できます


ウェブサイトでは、まれに「文章などがコピーできない作り」となっているサイトやブログなどがあります。また、「写真などの画像がダウンロードできない」というサイトもあります。

それらをコピー、ダウンロードなどをする方法です。
あくまで個人で保存するためのものです。


通常での保存

Safari などのブラウザでは、一般的に、文字や画像などは多くは部分的に、あるいは全体の文章をコピーしたり、写真を Mac に保存したりできます。

基本的には、「選択してコピー」するだけでよく、選択して「 command + C キー」か、画像なら、選択したままデスクトップにドラッグ(マウスのポインタで押さえたままブラウザ外にもっていく)するだけでOKです。

あるいは、画像では、保存したい画像にマウスのポインタをあてて、「右クリック」すると下のような、選択項目が出ますので、「イメージを保存」のどれかからを選びます。

save-p.png

「Web ページ全体」の場合は、ごく簡単に書いておきますと、

・Safari で ファイル > 別名で保存 を選び、

save-01.png

・Web アーカイブで保存する

save-02.png

ということになります。

「ソース」から再現できる人は「ソース」から選んでも大丈夫ですが、ただページを保存するだけでしたら、Web アーカイブでいいと思います。「 .webarchive 」という拡張子のついた書類で保存されます。

今回のブラウザ上で「コピペできない文字や写真」を保存するというのも、これらの一種の応用のような形となります。

Sponsored link


ブラウザから保存できない文章や画像を保存する方法


・文章の場合

すべてのウェブサイトでこれができるというものではないと思いますが、この方法で、コピーのできない作りのサイトの文章のコピーが比較的できます。

そのウェブサイトが、文章を選択して「選択できない場合」は、そのウェブサイトは、「コピーできない仕様」となっています。最近では、特に、ブログなどの構造は、「書かれてある内容とデザインは別」というのが普通で、ソースを見ても、そこに文章が存在しない場合が多いです。

そういう場合の対処です。



1. 保存したいウェブページを Safari で開いたままにした状態で、「ファイル > プリント…」を選ぶ。

pdf-01.png

なお、 Maverick と Yosemite に 搭載されている Safari の場合は、メニュー バーから「ファイル > PDF として書き出す…」を選ぶと、それだけで PDF 書類が作成できますので、以下の「2」と「3」の過程は必要ありません。




2. プリント・ウインドウが開きますが、プリントをするわけではなく、左下の「PDF」というボタンを押すと、その下にいくつか選択項目が出てきますので、 「PDF として保存」を押す。

pgf-2.png


3. 下のように PDF ファイルとして保存されます。

pgf-3.png

これで文字を選択してみて、選択できるようならコピーもできます。

pgf-4.png

▲ 水色の部分が選択部分。コピーできれば、ペーストもできます。


・画像の場合

これは簡単に書くと、「スクリーンショット」を使います。

過去記事の、

Mac OS X のスクリーンショットをメモ代わりに活用する

をお読みいただきたいですが、画像の保存は「ほぼすべて」スクリーンショットでOKです。

スクリーンショットは

・command+shift+3→画面を全面キャプチャ
・command+s hift+4→マウスで選択した部分をキャプチャ


です。

「ブラウザの画像が大きすぎて、写真全体が入らない場合」は、「表示 > 縮小」を使って、ブラウザ全体の表示を小さくします。

scale.png

p-001.jpg

▲ ブラウザに写真が入りきらない例。

p-002.jpg

▲ 縮小(command + - (マイナスキー))で表示を縮小したもの。これで、写真全体をスクリーンショットで撮影できます。




Sponsored link

↑ PAGE TOP