MacビギナーとWindowsからのスイッチャーの方のためのmacOSの使い方

Macにスイッチしました

TIPS

Mac で FLV、MVK、WAV、AVI などの動画ファイルを見るには — 便利な動画再生アプリケーション VLC の使い方 

投稿日:

VLC のインストールと、FLV 動画再生時のデフォルトアプリケーションに指定する方法

コンピュータ上でもインターネット上でも、現在はいろいろな種類の動画が使用されています。

その中で最近多いのは、「FLV 」という形式の動画です。この FLV というのは YouTube などの動画共有サイトなどで広く使われている動画形式で、現在では一種の主流といってもいい動画形式といえるかと思います。

他にも MVKとか、WAVとか、AVIとか、様々な動画の形式が使われますが、重要なことは「そのちがいはどうであれ、つまり、見られればいい」ということです。

ところが、Mavericks 以降 Sierra に至るまで、この FLV などの動画は Mac では、そのままでは見ることができません。

ということで、外部アプリケーションを使うことになりますが、最も簡単なのは VLC というフリーソフトをインストールすることで、これより簡単な方法はないような気がします。

その VLC のインストールと、「動画再生時のデフォルトアプリケーション(動画をダブルクリックすると VLC が自動に起動する状態)に指定する」方法です。

Sponsored link


 

FLV 動画の再生と VLC を動画再生時のデフォルトアプリケーションに指定する方法

1. VLC のダウンロードとインストール

ダウンロードページは、

VideoLAN
http://www.videolan.org/vlc/

です。

日本語のサイトです。

そのページの「 VLC のダウンロード」をクリックします。

ダウンロードフォルダに下のファイルがダウンロードされますので、ダブルクリックします。

下のウインドウが表示されますので、このウインドウの中で、 VLC を アプリケーションフォルダに移動すればインストールは終了です。

(注) OSのバージョンによって、VLC の最初の起動の際に、下のように「 VLC は開発元が未確認のために開けません」というダイアログが出るかもしれません。

その場合は、過去記事の、

アプリケーションを開こうとして、「開発元が未確認のため開けません」と表示されて開けない場合の対処

をご参照下さい。基本的には、システム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を開いて、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を変更することで、VLC を開くことができるようになります。

 

2. VLC での FLV などの動画の再生

VLC をインストールすれば、 FLV をはじめとして、一般的に使われている動画の形式のものはほとんど見ることができますが、動画ファイルをダブルクリックするだけでは VLC は起動しませんので、指定する必要があります。

動画を見るだけなら、そのファイルを選んで、「右クリック」で表示される項目から、「このアプリケーションで開く > VLC.app」と選びます。

これで動画は再生されます。

動画をダブルクリックしただけで再生されるようにするには、 VLC を FLV や、他の形式の動画の再生時のデフォルトアプリケーションに指定したほうが便利です。

 

3. 動画再生時のデフォルトアプリケーションを VLC と指定

再生したい形式の動画ファイルをひとつ選びます。 どのファイルでも構いません。「右クリック」して、そこから「情報を見る」を選択。あるいは、ファイルを選んで、 command + I を押します。

情報ウインドウが開きます。

その中段あたりに、「このアプリケーションで開く」という項目があります。そこから VLC.app を選びます。下のようにいくつか並んでいる場合は、一番新しいバージョン(最も上段にあるほう)を選びます。

上でアプリケーションを変更すると、その下にある「すべてを変更」というボタンが有効になりますので、そこをクリックします。

これで、アイコンは白いままのようですが、次回から その形式の動画ファイルをダブルクリックしただけで、 VLC で再生されるようになります。





-TIPS
-, ,

Copyright© Macにスイッチしました , 2018 All Rights Reserved.