MacビギナーとWindowsからのスイッチャーの方のためのmacOSの使い方

Macにスイッチしました

TIPS インターネット

ウェブサイトを Mac に保存する方法

投稿日:

ウェブサイトのページをデザインをそのままで保存したい

ウェブサイトなどを見ていて「これを保存しておきたい」と思うことはあると思います。その基本的な方法を書いてみたいと思います。すべてのサイトがこの方法で保存できるわけではないですが、多くはこの方法で保存できます。

Safari にはウェブページをデザインごと保存する方法が3種類搭載されています。

それは、以下の3点です。

・ウェブアーカイブとして保存する

・PDF書類として保存する

・ソースを保存する

このうち、サイトのデザインのまま Mac に保存するには、ウェブアーカイブという方式で保存するか、PDF 書類として保存するかどちらかになります。 そうすれば、一般の書類と同じに後で読んだりすることができます。

そのふたつつの方法を記しておたきいと思います。

Sponsored link


 PDF書類として保存する

PDF 書類とはプラットフォームに関係なく同じレイアウトで書類を読むことができる規格で、インターネットでの公的書類などでも広く使われている書類形式です。

これで保存すれば、Mac でも Windows でもどちらでも後で読むことができます。

PDF 書類は Mac では、ダブルクリックするだけで、テキストエディットが自動的に起動しますので、特にアプリケーションをインストールする必要はないです。

サイトのページを PDF 書類に変換する方法は、Safari で保存したいサイトのページを表示させた状態で、「ファイル」から「PDF として書き出す...」を選択するだけです。

下のウインドウが表示されますので、保存したい場所を選び、保存します。

 

これで、ウェブサイトのページは PDF 書類で保存されます。

多くの場合、基本的なレイアウトは崩れないですが、最近の複雑なデザインのサイトなどでは、デザインがそのまま保存されないことはあります。また、音声や動画、動的なエフェクトなどは保存されません。

 

 ウェブアーカイブとして保存する

Mac でウェブサイトを Safari で保存するためについているものに、「ウェブアーカイブとして保存する」という機能があります。

「.webarchive 」という特殊な型式で保存されますが、これもデザインを保ったまま保存することができます。

先ほどの「ファイル」から「別名で保存...」 を選びます。

下のウインドウが出ます。

個々で「 Webアーカイブ」を選んで「保存」をクリックします。

これも、後に一般の書類と同じように扱うことができますが、ただし、こちらは PDF と違って、Mac でしか読むことができません。

いずれにしましても、好きなページなどをこのように保存しておきますと、仮にインターネットでアクセスできなくなっても、そのページを楽しむことができるということになります。





-TIPS, インターネット
-, , , ,

Copyright© Macにスイッチしました , 2018 All Rights Reserved.