OS X TIPS

Sponsored Link

デスクトップの外見を変えよう


効率やパフォーマンスだけを考えると、見かけはできるだけ質素にした方がいいというのがパソコンを使う上での一般論でしたが、しかし、「見た目を楽しむ」という機能も一般向けの OS が本来持っている機能のひとつではあります。

Windowsでもそうですが、Mac OS X でも、デスクトップ上などの外観などを、デフォルトの機能で、ある程度は自分好みにできるようになっています。

システム環境設定 > 一般


システム環境設定の「一般」で、ボタンなど全体の各部の色を変更できます。

ap-01.gif

ap-02.jpg

「アピアランス」では、バーやウインドウ部分の細かい色指定ができます。

ap-03.jpg

「デスクトップとスクリーンセーバー」は、文字通り、デスクトップピクチャ( Windows での「壁紙」)とスクリーンセーバーを設定するもので、これを変更するだけで、かなりデスクトップの印象は変わります。
デスクトップピクチャを変更するには、上の「デスクトップとスクリーンセーバー」をクリックして、「デスクトップ」から好きな画像を選択するだけでOKです。


アイコンの表示


アイコンのサイズや、ファイル名などの表示を変えるには、メニューの「表示>表示オプションを表示」で行います。

ap-04.gif

アイコンの大きさや、配置幅、アイコンの文字のサイズを変更できます。

ap-05.gif

小さくするとこんな感じです。

ap-06.jpg アイコンの大きさを最大にまで大きくするとこんな感じになります(こんな使い方をする人はあまりいないでしょうけれとど)。

ap-07.jpg

多くの Mac のアイコンは最大まで拡大してもきれいです。


Sponsored link

↑ PAGE TOP