OS X TIPS

Sponsored Link

自分のMacの情報を知る


自分の持っているMacがどういう製品で、どういう状態なのか


Macのスピード、メモリ、OSのバージョンアップルメニューの一番左に青いアップルマークがある。
そのプルダウンの一番上に「このMacについて」という項目がある。
そこを開くと次のようなウインドウが開く。


mac-core2duo.png

ここには、
・Mac OSXのバージョン
・プロセッサ(マシンの速さ)
・メモリ
・起動ディスクの名前


が書かれている。
基本的にはここをメモしておくだけで、それらを記録できる。

OSのバージョンについては、上のウインドウのソフトウェア・アップデートを押せば、更新するべき新しいアップデータを教えてくれる。OSやセキュリティ関係はおこなった方がいい。



ハードディスクの容量

これはディスク(たとえば起動ディスクなど)をシングルクリックで「選択」して(ダブルクリックすると開いてしまうので選択するだけ)、右クリック。
「情報を見る」という項目を選択する。
あるいはcommand+I(コマンド+インフォメーションと覚えるといい)でこんなウインドウが出る。



ここでそのボリュームの使用状況などがわかる。



システムのログインパスワード

これはシステム部分を変更する時や、システムに影響のあるアプリケーションなどを作動させる時に求められる。 基本的には最初に設定して、その後は変更するようなものでもないので、絶対に忘れないようにしたい。

システム環境設定>セキュリティという項目には次のような設定がある。
(FileVaultというのは一般ユーザなら設定しなくていい)



問題は下のいくつかの選択項目で、これはセキュリティ処置の数々で、この場合は私が自分の部屋で使っているものなので、セキュリティはまったく気にかけていないが、こういうものを設定する時など、バスワードは大切になる。
たとえば、持ち歩くノートなどの場合はやはり必要となろう。

パスワードは頭の痛い問題だ。簡単すぎるものだとパスワードの意味を持たないし、「u9s8helTTb0l3」のような無意味な羅列が良いとわかっていても、これでは自分が覚えられない。
そんなわけで、結局、自分の名前とか、Macの名前と同じものなどにする傾向が強いようだ。

しかし、だからこそちゃんとしたパスワードにして紙に書いておくということが必要なのかもしれない。


Sponsored link

↑ PAGE TOP