OS X TIPS

Sponsored Link

App Store 以外からダウンロードしたアプリケーションが実行できない場合の対処と設定


f-1.png

Mavericks 以降の OS X では、App Store 以外のインターネットサイトからダウンロードしたアプリケーションを開こうとすると上のように、システムから拒否される場合があります。

上のは Mac OS X 初期の頃からの必須システムメンテナンス用フリーソフト Onyx (オニキス) の Mavericks 用を開こうとした時に実際に表示されたものです。

このように、 App Store 以外からダウンロードしたアプリケーションが開けないという経験が出てくることになると思いますが、その解除の方法です。もちろん、このようなシステムはセキュリティのために搭載されているものですので、必要以外の時はデフォルトに戻しておくのもいいと思います。

Sponsored link


ダウンロードしたアプリケーションが実行できない時の対処



1. システム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を開きます。

f-2.gif

f-3.gif

2. 上部タブ「一般」にある「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を変更するために左下のカギのアイコンをクリックします。

f-5.gif

下の表示が出ますので、パスワードを入れて「ロックを解除」をクリック。

f-7.gif

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可から「すべてのアプリケーションを許可」を選びます。そうすると、下のように、「すべてのアプリケーションを許可”を選択すると、セキュリティが低下します」と表示されますが、アプリケーションを実行させるためには「”すべてのアプリケーションを許可」を選びます。

f-8.gif

セキュリティが気になる場合は、必要ではない場合は、上の部分を元の状態の「Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」に戻せばいいです。

これで起動できなかったアプリケーションをもう1度、開いてみて下さい。

下のはさきほど実行できなかった Onyx ですが、これで開きました。

f-11.gif

ところで、この上のインターネットからダウンロードされたアプリケーションに対しての「開いてよろしいですか」という警告は、Lion の頃から始まったものだと記憶していますが、やや煩わしく感じることもないではないですが、この表示を消すにはそれこそ、上の Onyx を使うとできます。

Onyx の詳しい説明はここではいたしませんけれど、「Onyx > 各種設定」に

「ダウンロードしたアプリケーションの初回起動時に表示される警告を削除」

f-12.gif

という項目があり、ここにチェックを入れます。




Sponsored link

↑ PAGE TOP