OS X TIPS

Sponsored Link

Mac でフリーのフォントをダウロードして使う方法


Trutypeフォントならどれでも大丈夫です


Mac OS Xには最初からそれなりの種類のフォントは入っているが、使い出すと足りなく感じることもある。今は英文字フォントなら基本的にはフリーでインターネットからダウンロードできるが、フォントのサイトには特に「Mac用」とは記載されていないものも多い。

そこで、フォントのダウンロードとインストールの方法。 基本的には、Mac OS X ならWindowsとかMacなどのOSの差は考えなくても大丈夫。

比較的ダウンロードがわかりやすいフリーフォントのサイト。

1001 Fonts .com
dafont.com
9800 Free Fonts


など。

Sponsored link


どれをダウンロードするか


英文字のダウンロードサイトにはいくつかの種類がある場合とない場合がある。
「Mac TrueType」とある場合なら、それをダウンロードする。

mac-true.png

たとえば、上のような場合では、Mac TrueTypeというのを選ぶ。PostScriptというのは出版関係の人などの場合などで、通常は、 TrueType。

macpc.png

上のような表示があればそのままダウンロードしても大丈夫。

ダウンロードして解凍。その中にあるファイルをダブルクリック。アイコン表示にすれば、ファイル自体にフォントの形状が表示されている。

mac2.png

このウインドウが開くので、「フォントをインストール」ボタンを押す。

fontbook.png

これでフォントが追加される。


Mac用がない場合。あるいは「Win用」しかない場合



「Win用」とあっても、Win TrueType とあるなら大丈夫。

ダウンロードして解凍すると、フォルダの中には1〜複数の書類があると思うが、その中に「.tff」という拡張子のあるファイルを探す。

win-ttf.png

拡張子が表示されない場合は、拡張子を表示させるか、あるいはリスト表示にして、種類が「Windows Truetype font」という書類を探してダブルクリック。

あとは上のMac用と同じ手順でフォントをインストール。

何かのアプリケーションなどで反映されているかどうか試してみて、大丈夫ならOKです。(下のフォントは上の手順で実際にインストールしたもの)

fonts-mac.png

ちなみに、フォントはいくらでもインストールできるが、結局は自分で管理して使うわけで、入れすぎて選ぶのが大変になるので、把握できる程度がベスト。


インストールしたフォントを無効にする


インストールしたものの「やっぱり使わない」というフォントは使用停止にしておいた方が、管理上いいかと思う。

・Font Bookを開き、無効にしたいフォントを選択。
・編集 > “フォント名”を使用停止と選択。

del.png




Sponsored link

↑ PAGE TOP