Mac OS X TIPS

Sponsored Link

Mac に OS X( macOS ) をクリーンインストールする方法 (Sierra 、 El Capitan から Lion まで共通)


mav-option.jpg

Command + R で起動する復元ディスクからクリーンインストールすることができます


Lion 以降、インターネットでのアップグレード的なインストールが Mac OS X の主流となっています。

特に不便は感じないですが、「クリーン・インストールをずいぶんしていないなあ」と思いまして、さほど実用的な目的ではないですが、パーティションで仕切ったハードディスクに OS X 10.9 Mavericks をクリーン・インストールしてみました。

この方法は、Lion から Sierra まで、基本的に共通です。

基本的に必要なものは、

・OS X がインストールされている Mac
・OS X をインストールするためのハードディスクや SSD などの記憶装置

となります。

Mac に OS X がインストールされていない場合は、こちらの記事、

USB フラッシュメモリに「復元ディスク」を作成する

で書きました「復元ディスク」か、あるいは

ハードディスクの内容を「丸ごとコピー」して、起動ディスクとしても使えるバックアップを作成する

で書きました「丸ごとバックアップしたハードディスク」など、何らかの「外部起動システム」が必要となります。

それらに関しては、上のそれぞれの記事をご参照下されば幸いです。

ここでは、「 Mac に OSX がインストールされている」ということを前提として、外付けハードディスクやハードディスクの別のパーティションにインストールする手順ですが、この方法は、El Capitan , Yosemite , Mavericks , Lion , Mountain Lion で共通です。

PR



OSX をクリーンインストールする



1. Mac をキーボードの「 command キー」と「Rキー」を同時に押して起動、あるいは再起動

これは、 Mac の「復元ディスク」から起動させるコマンドで、下の command キーとRキーを「同時に押したまま起動させる(電源を入れる)」ということです。

mac-kbd.gif

この起動は通常より時間がかかるかもしれないですが、しばらくすると、下のような画面が表示されるはずです。

res-boot-1.jpg


2. 復元ディスクからインストールしたいディスクを選んでインストール

上の中から「OS X を再インストール」をクリックして選択します。

i-res-2.gif

下の画面が出ます。

i-res-3.gif

このあと、「ソフトウェアの使用許諾契約」の画面が出ますので、「同意する」を押して進むと、ディスクの選択画面に進みます。

i-res-7.jpg

上の画面では、真ん中の Mac にはすでに Mavericks がインストールされていて、左の USB 接続の外付け(黄色のアイコン)か、右のパーティションで仕切ったハードディスクかどちらかにもインストールできます。

OS X そのものは 8GB 以上の容量があればインストールできると思いますが、実際に使うのでしたら、40 GB以上の容量はあったほうがいいと思います。 ダウンロードが始まりますが、回線のスピードによっては相当時間がかかります。

i-res-8.jpg

ダウンロードが終われば、自動でインストールが始まります。


3. インストールの完了

インストールが終わると、自動で再起動して、初期設定画面が表示されます。

inst-comp.jpg

基本的には、画面の指示通りに進んでいけば、設定は完了します。

なお、 Mavericks をクリーンインストールした場合のアプリケーションは以下の通りでした。これですべてです。

com-1.jpg

また、クリーンインストールでの容量ですが、下のように、OS X だけですと、9GB程度のようです。

com-2.gif

このくらいですと、かなり小さな容量の外付けハードディスクなどにもインストールできるので、それを緊急起動用ディスクにすることもできそうです。






Sponsored Link

↑ PAGE TOP