OS X TIPS

Sponsored Link

OS X にトラブルが起きた場合 : ディスクユーティリティを使ったアクセス権の修復とディスクの検証


du.gif

トラブルの際に最初におこなうこと


Mac に何かおかしなことがおこったら、まず、

アプリケーション > ユーティリティ

du-01.gif

の中のディスクユーティリティを起動。

左カラムから該当する(現在、自分がシステムディスクとして使用している起動ディスク)を選び、「アクセス権の検証」を押して、問題があれば「アクセス権の修復」。

du-02.gif

これは起動ディスクからできることですので、トラブルのようなことがあった時に最初にやったほうがいいです。

アクセス権の検証は何度やっても悪影響はないと思われますので、「何か問題があったらおこなう」としておいてもいいと思います。

さらに、調べたい場合は、 「ディスクの検証」でチェックします。

これで何か問題が見つかったら「修復」を押して修復します。


(※)「ディスクの修復」は、OS X のバージョンによっては、別起動ディスクからしかできないものもあります。
単一起動ディスクで使用している場合は、 インストールディスクから行います。

ディスクから起動するには

最初にCDを入れ」、
システム環境設定>起動ディスク」で、
インストールCDを起動する設定にするか、「CDを入れた状態で、Cキー」を押したまま、再起動する。

» 外部ドライブから起動すること、も参照下さい。

多くの場合は、「アクセス権の修復」と「ディスクの修復」でトラブルは修復されると思いますが、だめな場合には再インストールなど、他の方法を考える必要も出てくると思います。

再インストールについては、Mac が起動しない場合の対処 - 復元システムからの起動とインターネット修復の方法などをご参照下さい。


Sponsored link

↑ PAGE TOP