MacビギナーとWindowsからのスイッチャーの方のためのmacOSの使い方

Macにスイッチしました

TIPS Windows

無線 LAN や Wi-Fi 環境での Mac と Windows のファイル共有

投稿日:

※ Windows 10との共有については、Windows10 から Mac OS X に接続(ファイル共有)する をご参照下されば幸いです。

 

Windows と Mac の共有については、ビジネスでの場合もプライベートも含めて、それが必要になる場面が出てることもあるかと思います。その方法をご説明します。

ここでは  Windows 7 を例にしていますが、その方法は基本的にはどのバージョンの Windows でも、あるいは Mac は Lion 以降のバージョンであれば、 High Sierra を含めて、おおむね同じです。

Mac も Windows  も共有の基本的な方法はそれほど難しくはないのですが、それぞれの環境や OS のバージョン、使用しているインターネットなどの状況や機器などにより、接続できないこともあります。そして、共有のトラブルの原因を探ることは、パソコン関係で最も解決の難しいもののひとつでもありますので、ここに書いてあることはあくまで「基本」と考えて下さると幸いです。

とはいえ、Lion から Sierra までの多くの環境において、これで Windows との共有は大丈夫だと思います。

その方法を簡単にご説明させていただきたいと思います。

Sponsored link


Mac OS と Windows  のファイル共有

Windows 側から設定します。


1. Windows 側の設定 / コントロールパネルでの共有設定

・画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを表示させると、「コントロールパネル」の表示がありますので、それをクリックします。

・コントロールパネルの「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します。

・「ネットワークの状態とタスクの表示」の画面の左カラムの「共有の詳細設定の変更」をクリック。

・下のような「共有の詳細設定の変更」画面が開きます。

基本的には、デフォルトのままでいいように思いますが、

・ファイルとプリンターの共有を有効にする
・パスワード保護の共有を有効にする
・Windows でホームグループ接続を管理できるようにする

がそれぞれ選択されているかどうかチェックしてみて下さい。
すべて「上」か「(推奨)」となっているほうです。

このあと、Windows 側の「共有するフォルダ」を設定します。

 

2. Windows 側の設定 / 共有フォルダの設定

(※)この設定は、この共有ネットワークを使用するのが自分だけなどの場合です。

・共有フォルダを選択。共有したいフォルダを右クリックすると「共有」という項目がありますので、それを選択。さらにそこから「特定のユーザー」を選択します。

 

「ファイルの共有」というウインドウが開くので、「追加」ボタンの左の▼をクリックして、 Everyone を選択し、「追加」をクリックします。特定のユーザに限定する場合はそのユーザを指定します。

 

次は Mac 側の設定です。

 

3. Mac OS 側の設定 / システム環境設定での共有設定

・「システム環境設定 > 共有」を選びます。

・下のパネルが開きますので、左カラムの「ファイル共有」にチェックを入れ、右の「オプション」を押します。

・「SMB(Windows)を使用してファイルやフォルダを共有」をチェック。下のアクセスしたいアカウントにもチェック。「完了」ボタンを押す。

 

4. Mac OS X 側の設定 / ワークグループ名の設定

・「システム環境設定」から「ネットワーク」を開きます。

・右下に「詳細」ボタンがあるのでクリック。

・「ネットワーク」のウインドウの上部タブから「WINS」を選びます。下の「ワークグループ」という欄に、「WORKGROUP」と入れます。最初から「 WORKGROUP 」と設定されていれば、そのままでいいです。これは、Windows 側と同じなら何でもいいのですが、デフォルト設定同士ではこれでいいと思います。

 

Windows の ワークグループ名がわからない場合

Windows 7 では、スタートメニューから「コンピューター」を開くと、その下にワークグループ名が表示されています。

これで基本的に設定は終了です。

Windows 側、Mac 側で下のように、それぞれ相手の共有マシンが見えているか確かめてみて下さい。

 

Windows 7 側

赤で囲んだのが Mac OS X 側。

 

Mac 側

赤で囲んだのが Windows 7側。

そして、ファイルの移動などができるかどうか試してみて下さい。

なお、それほど頻繁にファイルのやりとりがあるのではないのなら、ネットワーク上で共有しなくとも  USB メモリなどによる移動のほうが楽な場合も多いです。

そういう「様々な共有の方法」についても今後書きたいと思います。





-TIPS, Windows
-, , , ,

Copyright© Macにスイッチしました , 2018 All Rights Reserved.