Mac TIPS

Sponsored Link

El Capitan 以降の OSX でアクセス権の修復を手動で行う方法


onyx-icon.png

Mac のトラブル解決の第一歩として、El Capitan までは「アクセス権の修復」というものがありました。

[過去記事]OS X にトラブルが起きた場合 : ディスクユーティリティを使ったアクセス権の修復とディスクの検証

El Capitan 以降は、「 OS X が自動でアクセス権の修復をおこなってくれる」ということで、それは便利だと思っていましたが、しかし、たまに「手動」で、アクセス権の修復をおこなってみると、かなりの項目が修復されるのです。

下はアクセス権の修復を手動でおこなったものですが、かなり修復がなされていることがわかります。

access-onyx-1.jpg

そんなこともあり、今では、たまに手動でアクセス権の修復をおこなうのが習慣となっていますが、その方法を記しておきます。

今回は、今や Mac の守護神的フリーソフト OnyX (オニキス)による方法です。

Mac の調子が今ひとつおかしい時など、お試しになってみるのもよろしいかと思います。基本的にリスクはないです。

OnyX のインストール等については以下のページにもありますが、いちおう、簡単にインストールの方法から記しておきます。

不要なエフェクトをオフにし、Mac の動作を高速化するフリーソフト OnyX が El Capitan に対応。そのインストールと基本的な使い方

Sponsored link


Onyx のインストール


1. Onyx の配布元の Titanium Software のページにアクセス

Titanium Software

トップページの下の部分の「 Download 」をクリック

el-capitan-01.png


2. ダウンロードページで、ご自分の OS X のバージョンをクリック

el-capitan-02.png


3. ダウンロードが終了した後に、Onyx.app をアプリケーションフォルダにドラッグ

el-capitan-04.png

これで、インストールは完了ですが、現在の OSX では、 Apple Store からダウンロードしたアプリケーション以外は開くことができない設定となっています。

その場合、

「開発元が未確認のため開けません」

と表示されて開けません。

その場合の対処法です。


インストールした OnyX を開けない場合



1. システム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を選択

2. 上部タブ「一般」にある「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」> 「”すべてのアプリケーションを許可」を選択

oy-10.gif

これで OnyX を開くことができます。

詳しくは、

OSX : アプリケーションを開こうとして、「開発元が未確認のため開けません」と表示されて開けない場合の対処

をご参照下さい。

あとは、OnyX を開いて、アクセス権の修復をするだけです。


アクセス権の修復


Onyx > メンテナンス > アクセス権 を選択。

access-onyx-02.gif

ウインドウ右下の「実行」をクリックすると、アクセス権の検証が始まり、問題があればアクセス権の修復が始まります。

access-onyx-1.jpg

基本的にはこれだけで、あとは完了するのを待つだけです。


Sponsored link

↑ PAGE TOP