Mac OS X TIPS

Sponsored Link

OS X : Dock 上の QuickTime Player や VLC などの動画閲覧ソフトに表示される「履歴」を削除する方法


qtp.jpg

閲覧した動画の履歴をMacに残したくない場合


動画などを見る場合、今ですと、いろいろなアプリケーションをお使いの方がいらっしゃるかと思いますが、たとえば、代表的なフリーの動画閲覧アプリケーションとして、QuickTime Player (クイックタイムプレイヤー)や VLC などがあると思います。

これらに限らず、現在の OSX の多くのアプリケーションでは、「履歴」、つまり、どんな書類を開いたかということが記録されまして、動画でしたら、「どんな動画を見たか」ということが、たとえば、Dock 上のアプリケーションのアイコンを「右クリック」すると、最近見た動画が下のように表示されます。

his-1.gif

これはこれで便利な機能ですが、自分以外の人が使う、あるいは見る可能性のある Mac では、場合によっては「どんな動画を見たかを人に知られたくない」という場合もあるかもしれません。

そのような場合に、「動画閲覧の履歴を消す」方法を記しておきたいと思います。

Sponsored link


QuickTime Player や VLC の動画閲覧履歴を消す方法



基本的には、どちらも、

ファイル > 最近使った項目を開く > メニューを消去

で、履歴は消えます。

his-2.gif

履歴が消えていない場合は、Mac を再起動させて下さい。

「履歴をこれからもずっと残したくない」という場合は、以下の手段で、あらゆるアプリケーションに履歴を残さない設定にしておきますと、その後、履歴は残りません。


OSX アプリケーションの履歴を残さなくする設定



その後も履歴を表示させない状態で使いたい場合は、

アップルメニュー > システム環境設定 > 一般

を開きます。

his-3.gif

his-4.gif

「一般」の下部に、「最近使った項目」があります。

ここの数字が、「履歴を残す数」となっています。

his-5.gif

ここが「0」以外になっていたなら、「0」を選んで、パネルを閉じます。

his-6.png

これで、基本的に、履歴は残りません。

この手順は、Lion 以降、El Capitan 、Sierra まで有効です。



Sponsored Link


↑ PAGE TOP