OS X

Sponsored Link

携帯電話(ガラケー)と Mac の共有とファイル転送


Bluetooth (ブルートゥース)というのは、無線通信機能のことで、一般的には最近の Mac や携帯電話には、その機能が搭載されていますので、機材的な準備は必要ありません。


cell.jpg

Leopard の頃、「携帯から Mac へのデータの転送」 という記事を書いたことがあります。

方法自体は、その後の OS X でも基本的には変わらないですが、以前より手早く、確実に Mac と携帯が繋がるようになった気がします。

携帯で撮影した写真などを、特に大量に Mac に送る場合などはメールで送るより Bluetooth で送信したほうが、楽で安価で早いです。

その方法をご説明させていただきます。

基本的には Leopard から Yosemite までの Mac OS X での操作は大体は同じです。

Sponsored Link


Bluetooth を使って携帯から Mac に写真などのファイルを転送する


携帯電話を設定する Mac の近くに置いておきます。

1. 設定する項目

「システム環境」で設定しますが、設定で使うのは次のふたつです。

k1-cp.png

・共有
・Bluetooth


です。


2. 共有設定

k1-0.png

システム環境 > 共有 を開いて、左のカラムの一番下にある「Bluetooth 共有」にチェックを入れます。他はそのままで大丈夫です。


3. Bluetooth 設定

システム環境 > Bluetooth を開く。

設定する前は「デバイスがありません」と表示されます。

k1-1.png

上の『1』、『2』、『3』を設定します。

このうち、『3』の「共有設定」はすでに上で設定していますので、ここでは設定しなくても大丈夫。

『1』の「検出可能にする」にチェックを入れた後に、『2』の「新しいデバイスを設定…」を押す。


4. Bluetooth 設定

「新しいデバイスを設定…」を押すと、「 Bluetooth 設定アシスタント」が起動し、次のように接続可能なデバイスが表示されます。

k1-3.png

ここでは、上の携帯電話を選んで、下の「続ける」を押す。


5. 携帯電話に数値を登録

「続ける」を押すと、この画面が出ると思います。

k-4.png

ここからは携帯電話のメーカーによって操作が違うと思いますが、 Bluetooth 対応の携帯電話なら、この時点でなんかの反応をしているはずです。

そして、携帯電話に数字(その時に表示されている数字)を打ち込みます

認識されて下の画面が出れば、以降、Mac は携帯と共有できます。

k-5.png

実際にファイルを転送できるかどうか試してみましょう。




6. 携帯電話からの転送のテスト

まず、携帯の写真などを携帯から「 Bluetooth で送信」してください。 相手先にさきほど設定した Mac が表示されると思います。

Bluetooth で Mac に送信できた場合は、Mac に下の表示が出ます。

k-6.png

下の「受信」を押して、写真を携帯から受け取れるか確かめて下さい。

k-7.png

受信できれば、成功です。

なお、受信したファイルは「ダウンロード」フォルダにダウンロードされますが、これは「システム環境設定 > 共有」で代えられます。

k-8.png

上の「Bluetooth 共有 > 許可された項目の保存先フォルダ」でダウンロードフォルダを選ぶことができます。

頻繁に携帯からファイルを受信する場合は専用のフォルダを作って割り当てることもできます。


Sponsored link

↑ PAGE TOP