MacビギナーとWindowsからのスイッチャーの方のためのmacOSの使い方

Macにスイッチしました

macOS TIPS

Mac での PDF 書類の編集は付属アプリケーションのプレビューでOK

投稿日:

プレビューはとても便利で気楽に使える画像ソフトなのです。

PDF 書類の編集は、特別なアプリケーションがないとできないと考えられている方も多いようですが、簡単な編集なら Mac OS だけでおこなえます。

書類の中には、PDF 書類を印刷してからペンなどで書き込む必要のある書類がありますが(入会書や旅行の申し込みなど、わりと多いです)、それらに最初から Mac で書き込んでしまえば、印刷するだけですので、ラクかと思います。

Mac では、他の PDF を閲覧するアプリケーションをインストールしていない場合、PDF 書類をダブルクリックするとプレビューで開かれますが、基本的にはそのまま作業に入れます。

高度なことをするわけではないのでしたら、これで十分かと思います。

今回は文字を入れる行程ですが、他もいろいろと出来ますので、お試し下さればと思います。

Sponsored link


 

PDF書類に文字を入れる

1. PDF 書類を開く。

今回は手元にあった書類のこの部分に書き込んでみます。

 

2. ツール > 注釈 を選択すると、

矢印を追加
楕円を追加
長方形を追加...

などの選択項目が出るので、「テキストを追加」を選ぶ。

3. カーソルが「+」に変わるので、それで文字を書き込みたい選択範囲を囲む。

4. 文字を書く。

また、「テキストを追加」を選び、文字を入れると、 PDF 書類下部にこのようなガイド表示が出るので、そこで書いた文字の色やサイズを変える。

・色の変更

・サイズとフォント → 右端の「Aa」というボタンでフォントが選べる。

5. 基本的には、ひとつのまとまりを書く度に「 ツール > 注釈 > テキストを追加」を選び、上の作業をする。

このように作業していく。

6. 作業が終わったら保存する。なお、「ファイル > 別名で保存」で、他の形式で保存することもできる。

なお、上では「ツール > 注釈」をメニュー選ぶ方法を書いていますが、注釈を選択すると下に出るバーはこのようになっていて、

これは、左からメニューの上と対応しています。

すなわち、左から「矢印を入れる」、「円を入れる」、「四角を入れる」、「文字を入れる」、「メモを入れる」、「リンクを入れる」等となっています。





-macOS, TIPS
-, ,

Copyright© Macにスイッチしました , 2017 All Rights Reserved.