OS X TIPS

Sponsored Link

Mac OS X のプレビューで PNG 形式の透過画像を作る


pn1.png
▲ 背景が透過の画像の例。


Mac OS X 標準の「プレビュー」は OS X と共に進化していて、単なる画像プレビューソフトを通り越して、画像編集機能がかなり充実してきています。

今回は、プレビューで透過型画像を作る方法です。
Leopard から El Capitan までのバージョンの Mac のプレビューでは標準でできるようになっています。

Sponsored Link


透過型画像はPNG形式で 透過型画像はPING形式で作成します。画像の形式については詳しいことはともかく、インターネット上では「JPEG」、「GIF」、「PNG」などが多く使われますが、ここでは透過にするためにすべての画像をPNGで保存する必要があります。

他の形式の画像を PNG 形式の画像に変換するには「ファイル > 書き出す」から、フォーマットを PNG で指定します。

pn2.gif

pn-23.gif

方法としては 範囲を選択して除去すると、その部分が透過になる と理解していただいていいと思います。


手順

・透過にしたい画像をプレビューで開き、「ツール > カラーを調整」を選択。

pn-07.gif

・カラーツールバーが表示されます。左から二つ目に「カラーを抽出」ボタンがあります。それをクリックしします。

pn-05.gif

そして、透過にしたい場所を、マウスなどで「クリックしたままドラッグして範囲を選択」して、選択が終わったらマウスのボタンから手を放して「Returnキーを押す」という手順になります。Mavericks の場合は、「切り取り」ボタンが表示されますので、押します

pn-08.gif

これで完成です。

pnt-001.jpg

何度かやってコツを掴めば結構きれいにできるかと思います。


Sponsored link

↑ PAGE TOP