Mac OS X TIPS

Sponsored Link

画像に文字などを入れるには Mac OS X のプレビューだけでOK


プレビューはとても便利で気楽に使える画像ソフトなのです。


過去記事の「Mac OS X での PDF 書類の編集はプレビューだけで出来る 」と内容的には同じですが、 PDF 種類だけではなく、Mac OS X のプレビューでは、写真や画像に簡単なテキストや図形などを入れることができます。

この機能は Mac OS X 10.6以降のプレビューに搭載されている機能で、大変便利なものです。
ブログやホームページなどにアップする写真に文字で説明を入れる場合などに重宝します。

その方法です。

(注) El Capitan では、多少操作が変更されてはいますが、基本的には同じです。 Mavericks 以降は、画像の上部に「カラー調整バー」が表示されますので、そこからフォントなどの設定ができます。

pn-07.gif

cc-01.gif

▲ Mavericks では「ツール > カラーを調整」を選ぶと、画像の上部にこのような画像調整バーが表示されます。

PR



画像に文字を入れる方法



1. 写真をプレビューで開く(ダブルクリックで普通に開けばOK)。
今回は、この写真の地球(右から3つ目)に「地球」という注釈を入れます。

earth-1.jpg


2. 矢印を入れる。 (入れる必要がある場合)

ツール > 注釈 から「矢印を追加」を選ぶ。

tex-1.png

ポインタでクリックすると矢印が出る。

tex-2.png

両端の丸で大きさを変えられ、下に出てくるコントロールバーのカラー調整タブで色を変えられる。

tex-3.png


3. 文字を入れる。

ツール > 注釈 から「テキストを追加」を選ぶ。

tex-4.png

このようにテキストフィールドが出てくるので文字を入れる。


4. 文字の色や大きさ、フォントの種類の編集。
下に出てくるコントロールバーの右端の「Aa」がフォントの調整ボタン。ここを押すと、フォントパネルが出る。また、フォントパネルの上部、右から2つめのボタン

tex-5.png

を押すと、カラーパネルが出て、それぞれを調整できる。

フォントのコントロールパネルを全部出すと、こういう感じになる。

tex-6.png


5. 保存

作業が終わったら「ファイル > 別名で保存」で名前をつけて保存する。別名で保存をしないと、元ファイルがなくなってしまうので、仮に失敗していたなどの場合に修正できなくなる。

earth-2.jpg


なお、上では「ツール > 注釈」をメニュー選ぶ方法を書いていますが、注釈を選択すると下に出るバーはこのようになっていて、

bar-1.png

これは、左からメニューの上からの並びと対応しています。

bar-3.png

すなわち、左から「矢印を入れる」、「円を入れる」、「四角を入れる」、「テキストを入れる」となっています。

bar-2.png

右の「Aa」を選ぶと、「テキストを入れる」を選択したことになります。


Sponsored link

↑ PAGE TOP