Mac TIPS

Sponsored Link

Sierra の機能「ストレージ管理」で不要なファイルを削除し、Mac の SSD の容量を増やす


sierra-icon.png

Sierra から「ストレージ( SSD や HDD などのこと)の管理」という項目が新たに取り入れられていました。

不要なファイルの削除などの整理や管理により、ストレージの容量を増やすというものです。

ストレージの空き容量は「 アップルメニュー > この Mac 」から「ストレージ」を選択すると確かめることができます。

storage-management.png

大容量ハードディスク時代ですと、それほど気にならないストレージの容量ですが、今は SSD が次第に主流となっていまして、以前と比べると容量が少なくなっている場合が多くなっています。

そういう中で、SSD の管理は比較的重要なことにもなってくるかと思います。

今回はその方法をご紹介したいと思います。

Sponsored link


Sierra のストレージ管理機能で不要なファイルを整理する


1. アップルメニュー > この Mac について を選択

sm-01.gif


2. 上部タブの「ストレージ」をクリック

sm-02.gif


3. ストレージウインドウの右にある「管理」をクリック

storage-sm-03.gif


4. 管理ウインドウいちばん下の「不要なファイルを削除」の右側にある「ファイルを確認」をクリック

sm-04.gif

これで、OSX が判断した不要なファイルが表示されます。


5. 表示された一覧から不要なものは「×」ボタンをクリックして削除

sm-05.gif


選択して×をクリックすると、そのファイルを「ディスクから削除しますか?」と聞かれるので、OKなら「削除」をクリック。

このようにして、不要なファイルを削除することで、SDD などの空き容量を増やすことができます。


Sponsored link

↑ PAGE TOP