Mac OS X TIPS

Sponsored Link

Mac OS X - GarageBand のループのインストール場所


基本的に「ライブラリ」内にあります


Mac の付属アプリケーションといっても差し支えないと思われる GarageBand ですが、ループと呼ばれるサウンド素材をインストールする場合があります。
私は GarageBand を Panther の頃から使っているのですが、「 OS が変わるごとにループやサウンドのインストール場所が変更される」ということがわりとよくありました。

先日、アップルに GarageBand, Logic:ループのインストール場所 という記事がアップされていました。

その記事の中から GarageBand のループのインストール場所について記しておきます。

再インストールやバックアップのために、 GarageBand を使っている方はこれらのことは頭の片隅にはあってもいいと思います。


(注) インストール場所が、「/ライブラリ」と始まるものが多いですが、この「ライブラリ」は、「Macntosh HD」内にあります。

lion-hd.png

もし、「 Macntosh HD 」がデスクトップ上に表示されていない場合は、メニューバーの

Finder 環境設定 > 一般

で、「デスクトップに表示する項目」というところで「ハードディスク」にチェックをいれて下さい。デスクトップ上に表示されます。その中に「ライブラリ」はあります。


libraly-lion-1.png



「 Macntosh HD 」から、ループまでの道のりは、Lion では大体、次のようになります。

apple_loops.png






元記事
GarageBand, Logic:ループのインストール場所




GarageBand 1 の場合

ループコンテンツを以下の場所にインストール。

/ライブラリ/Application Support/GarageBand/Apple Loops/

Apple Loops for GarageBand Jam Pack、Jam Pack Remix Tools、Jam Pack Rhythm Section は、ループを以下の独自の名前のフォルダにインストールします。

/ライブラリ/Application Support/GarageBand/Apple Loops/




GarageBand 2 以降の場合

ループを以下の場所にインストールします。

/ライブラリ/Audio/Apple Loops/Apple/

Apple Loops for GarageBand Jam Pack Symphony Orchestra および Jam Pack World Music は、ループを以下の独自の名前のフォルダにインストール。

/ライブラリ/Audio/Apple Loops/Apple/




Jam Pack について

Jam Pack のすべてのループコンテンツは、各パッケージのデフォルトの場所にインストールされる。インストールの場所は、使っているソフトウェアのバージョンによって変わることはなく、常に元の場所に残る。




他社製のループ

コンテンツは現在使用しているバージョンの GarageBand のデフォルトの場所の中に独自のフォルダを作成し、その中にインストールされる。

つまり、GarageBand 1 を使っているときに他社製のループをインストールし、その後バージョン 2 以降にアップグレードした場合、ループは以下の独自の名前のフォルダにある。

/ライブラリ/Application Support/GarageBand/Apple Loops/

ただし、コンテンツが GarageBand 2 以降にアップグレードした後でインストールされている場合、ループは以下の独自の名前のフォルダにある。

/ライブラリ/Audio/Apple Loops/Apple/




作成したループ

GarageBand 2 以降、ユーザが作成したループはすべて、以下の場所のいずれかにある。

/ライブラリ/Audio/Apple Loops/User Loops
~/ライブラリ/Audio/Apple Loops/User Loops





Sponsored Link

Sponsored Link


↑ PAGE TOP