OS X TIPS

Sponsored Link

iTunes の基本的な使い方


音楽CDやDVDを聴く


デスクトップ上のDockに左のアイコンがあるので、それをクリックすると起動します。
もしDockにない場合には、Dockから削除してしまった可能性があります。
HOME>アプリケーションフォルダの中にiTunesがあります。


起動


MacにCDを入れると、自動でiTunesが起動する。



この再生ボタンを押せば、再生します。
聴きたい曲だけを聴くには、曲の横のチェックボックスで再生する曲を決めます。



音楽をMacに取り込む


・CDを入れた状態で、Macに取り込みたい曲の横にチェックをつける。
(最初はすべてにチェックが入っています)





iTunesの右上にある



この「読み込み」ボタンを押す。


これで、Macに曲は読み込まれる。



読み込まれた曲を確かめるには、iTunes左にある「最近追加した曲」というところをクリックして、そこにあれば読み込まれています。


取り込んだ音楽を整理する


ファイル>新規プレイリスト




を選ぶ。


左の窓の下に「名所未設定プレイリスト」という項目かでぎるので、それに好きな名前をつける(アーティスト名、アルバム名、整理しやすいもの)。





「最近追加した曲」から、その新規プレイリストにドラッグ&ドロップする


あとはそのプレイリストをクリックすれば、そこに入れられた曲が表示されます。


こうやって、取り込んだ曲を自分のわかりやすいように区分していけば、いつでも自分の聴きたい区分で音楽を聴けます。


音楽をCDに書き込む


音楽CDなどを自分なりに編集し直して、CDに焼き直すことができます。


iTunes>環境設定と選択し、 ウインドウの上部にある「詳細」ボタンをクリックする。





下のようになっていれば、それでOK。
「サウンドチェックを使う」というのは、すべてを同じ音量で録音するためのもので、CDなどの曲を書き込む場合にはチェックしなくていい。




Macに取り込んだ曲やMacに入っている音楽で、iTunesに表示されている曲の中で、CDに焼きたい曲の 横にチェックをつける。
(最初はすべてにチェックが入っているので、「取り込まない曲のチェックを外す」ということになる)

iTunesの右上にある「ディスク作成」ボタンを押す。




下のメッセージが上部ウインドウに現れたら、空のディスクを入れる。




ボタンが下のように変わるので、もう一度「ディスク作成」ボタンを押す。




書き込みが開始される。
書き込み中はウインドウに下のような進行状況が表示される。




インターネットラジオを聴く


これは日頃から Mac を多く使っている人には便利だと思います。
要するに、音楽ラジオ曲から音楽を聴くということですが、ジャンルもラジオ局数も膨大なので、よほど特殊なジャンルしか聴かないという人でなければ、まずは気に入ったラジオ局が見つかると思います。

左から「ラジオ」を選ぶ。
ストリーム」の下にジャンル一覧が示されるので、気になるジャンルを ダブルクリック




そのジャンルにあるラジオ局一覧が示されるので、ダブルクリックすればOKです。

すべてのラジオ局が常時放送しているわけではないですが、大体はいつでも音楽が聴けるようになっているはずです。



Sponsored Link

↑ PAGE TOP